ホームページ活用
2018/03/07 投稿

【ホームページ制作】自作vs業者のメリットデメリット

ホームページ制作を業者に委託するのか詳しいスタッフにやってもらうかは悩ましい問題です。

弊社のお客様でも院長先生が無料ホームページサービスを利用しているケースが数多くありました。
理由をお聞きすると主に下記のような答えが返ってきます。

  • ・信用できる制作会社がないから
  • ・内製した方が安いから
  • ・自分たちで情報発信できる体制を作りたいから

今やホームページは病院(会社)の顔です。
業者に発注するのか、自作するのか、どちらを選ぶにせよメリット・デメリットをしっかりと理解する必要があります。

今回はそれぞれのメリット・デメリットを簡単にまとめてみました。

自作ホームページ(スタッフ作成)の場合

【メリット】

  • ・変更や要望が反映されやすい
  • ・安い(他の業務の合間に制作する場合)

【デメリット】

  • ・見た目(デザイン)がダサい。一目で素人が制作したと分かる → 周りに与える印象が「その程度のレベル」となる
  • ・情報が古いまま放置されがち
  • ・スマホ対応など専門知識が必要になると対応できない

ホームページ専門業者の場合

【メリット】

  • ・見た目が綺麗
  • ・スマホ対応など機能的な要望を実現可能
  • ・管理が楽

【デメリット】

  • ・コストがかかる
  • ・費用対効果があるのか分からない
  • ・一度頼むと業者を変更しづらい

だいたいの相場は
制作:40万 ~ 80万円
運用:4,000円 ~ 10,000円/月

格安の制作会社の場合、写真などのコンテンツは全て提供しなければならなかったり、
スマホ対応していないなど、機能も含め事前によく確認することが必要となってきます。

「このホームページの役割は?」を明確に

まずはホームページに期待する効果を明確にすることが重要です。

よくある失敗パターンとして、あれもこれもと機能を追加した結果、
トップページがゴチャゴチャしていて一番伝えたかったことが伝わってないということがあります。

最初は「採用に力を入れたい」と言っていた担当者も出来上がってくると、いろいろと欲が出てきます。
それはごく自然なことで、大事なのは最初の目的を忘れずに優先順位を付けて、今すぐ必要なことなのか、
公開してから機能追加していけばいいのかをよく考えて運用していくことです。

「ウェブリク」は制作/運用が無料

弊社の「ウェブリク」サービスは無料で制作し、サーバー費用や更新作業も含め運用も無料で提供しています。

というのも、ただホームページを作っただけでは意味がなく、
閲覧した人が「ここで働きたい」と思えるようなホームページを提供して初めて、病院(会社)に貢献できたと考えているからです。

それだけに制作サイドは一つ一つの案件に必死になって取り組んでいます。

今のホームページに不満があり、もっとホームページを有効活用する手段を探している方は、ぜひ、お問い合わせ下さい。

集患/採用に繋がるホームページを無料で制作しております。
人材紹介に頼らない採用手段をお探しの方は 無料相談にお申込み ください。