院長先生によって考え方が違う。
経緯としては下記サイトのページが分かりやすい。

「患者様」から「患者さん」へ – 独立行政法人国立病院機構 宇都宮病院

まとめると
  • 2001年(平成13年)厚生労働省から”患者の呼称の際、原則として姓名に「さま」を付することが望ましい” という通達があり全国的に広まった。
  • 現場および患者から「違和感がある」という意見が多数。
  • 現場では既に「さん」が主流。

患者目線で考えるなら「さん」に統一した方がいいと思う。
経営側の現場に対する思いで判断しないこと。