医療法改正の歴史

西暦 タイトル 概要
1948年
昭和23年
医療法の制定 病院の施設基準などを整備。広告・診療科目の規制
1985年
昭和60年
第1次医療法改正 地域医療計画制度の導入。全国を二次医療圏と三次医療圏に分け病床数の上限を設定。駆け込み増床が起きた。
1992年
平成4年
第2次医療法改正 高齢化に対応し看護と介護の明確化。在宅医療の推進。特定機能病院と療養型病床群制度の創設。
1997年
平成9年
第3次医療法改正 地域医療の充実を目的に医療機関相互の機能分担を明確化。地域医療支援病院制度の導入。インフォームド・コンセントの法制化。
2000年
平成12年
第4次医療法改正 医療需要に見合った適切かつ効率的な医療提供体制の確立の推進。一般病床と療養病床の区別。医師の2年間の臨床研修必修化。
2006年
平成18年
第5次医療法改正 小泉内閣の「聖域なき構造改革」の一環として大幅な改正が行われる。医療法人制度改革、社会医療法人制度の創設。
2014年
平成26年
第6次医療法改正 少子高齢化による医療・介護費の増大を念頭に医療提供体制の再構築。医師・看護師不足解消のための勤務環境改善。2011年の震災を教訓とした災害医療の見直し。
2015年
平成27年
第7次医療法改正 医療法人制度の見直し
2017年
平成29年
第8次医療法改正 2014年に起きた医療事故(隠蔽事件)の影響から特定機能病院のガバナンス改革。医療機関ホームページの広告規制。

 

参考: Wikipedia、北海道医報 第1187号